1人暮らし コツ 

1人暮らしを体験しながら、快適に暮らせる情報を集めてまいました。

初めての一人暮らし!!ワクワクしながらいろいろな準備をしました。

本を読んだり、体験者のブログを探したり、引越業者を比べて安くする方法を考えたり。

節約もメインテーマですが、何より周囲に迷惑をかけず、安全に楽しく、一人暮らしができるように、なるべく多くの情報を集めてみました。

1人暮らしを始める前に上手に引っ越す方法や1人暮らしの生活に関するお役立ち本も購入。

実家暮らしが長いと、食事の支度も、洗濯も、掃除も、鍵の開け閉めも何一つ自分で仕切ったことがありませんから、本当に大変です。

家具家電、食器は何が必要なのか、防犯は何に気をつければ良いのか、掃除機はいるのかいらないのか、階下に迷惑になる騒音とは、ご近所つきあいはどうするのかなどなど、いろんなことを自分一人でやらなくちゃなりません。

一人暮らしの自由を満喫できるようになる前に、一人暮らしをスムーズに快適に過ごせるように努力が必要なんですね。

慣れは必要ですが、最低限の努力で最大級の結果を得る為に情報は必要です。

一人暮らしの上手な人の意見も参考に、自分なりに多くの情報を取捨選択してみました。

準備といっても、引越し先の環境調査も大事。

実際に引越し先に出向いて、歩いたり、見たり、食べたり、楽しい時間も既に持ち始めました。

引っ越し先の駅近くには大好きなスタバも合った♪

今度の街は郊外なので、散歩にぴったりの道や公園、川もあってなかなか快適です。

のんびりする時間が増えそうで嬉しい限り。面倒な引越準備も乗り越えられそう。

引っ越し先周辺の風景

引越の準備も大事ですが、引越後の生活を想像することも必要ですよね。

自分の備忘録の為にメモとして情報を記録しています。

単身引越し料金を安くしたい!〜新居に格安で引っ越せ他理由は?

管理人は1人暮らしをすることになった新居に驚くほど安く引っ越せたのですが、単身引越し料金をできる限り節約するにはどうすればよいでしょうか?

引越し業者選びで最後まで悩んだサカイ引越センターの車

引越し料金は基本的に荷物量、距離、時期のよって左右されます

この3つの中で自分の努力で変えられる部分を変えることが、引越し料金を節約する最大のポイントになります。

まず、荷物量ですが、ダンボールだけの引越しなら単身パックのような専用ボックスに入れる引越しがとても安上がり。ただしベッド等の大型家具や、家電は無理。

もし初めての引越しであれば、大型の家具や家電は新居に入ってから手配することで、ダンボールのみの引越し荷物にまとめられればかなり引越し料金は安くできるでしょう。

いずんれにしろ、引っ越しの荷物を減らすことが格安引越しの大きなポイントです。

引越し日時は色々な条件を検討して「この日の午前中がベスト」などと予定を組むのが普通ですが、引越し料金を安くしたかったら、平日が一番安くなります。

引越し予定日、時間帯は、お子さんの学校や、仕事、色々な事情で動かしにくいものですが、1、2日ずらして平日にできれば最大で50%も引越し料金が安くなることもあることを知り驚きました!!

もう一度、どうしてもその日のその時間帯でないとダメなのか、よく考えてみて下さい。

動かすことができれば引越し料金の大幅値引きも期待できます。

このような単身引越し料金を安くする為のコツについては以下のサイトを参考にしました。

更に詳しく知りたい方はご覧になってはいかが?