1人暮らし 火事 

暖房器具、タバコ、ガス台は要注意!消火器の確認も忘れずに

新居には火災報知機がついてた!

1人暮らしでもっとも注意すべきこと、それは火事を出さないということ。火事は建物、人命、全てが失われ、取り返しがつかない結果を招きます。

ここでは実家暮らしでは気付かなかった、火事の原因となりやすい、うっかりしがちな注意点をとりあげています。必ず守って、絶対に火事を出さないように肝に銘じましょう。

  • ストーブの取扱い

    電気ストーブは灯油と異なり、電気だから安全と思いがちですが、火災の原因となりやすいので要注意。よくあるのが上に干した洗濯物が落下して引火するというもの。早く乾くので吊るしている人を見かけますが、絶対にやめましょう。

    また寝る前には消すはずですが、まだ熱いうちに布団等燃えやすいものと接触すると引火することもあります。ベッドや布団の近くには置いてはいけません。

  • タバコの始末

    タバコの火の不始末はいつの時代でも火災の原因の上位です。

    寝タバコはもっての他ですが、灰皿には水を入れておく、吸い終わったら灰皿にフタをする(酸欠で燃え上がりにくくなります)、ゴミ箱に吸殻をそのまま捨てない(これで発火するケースが多いのです)等、当たり前のことですが、くれぐれも気をつけましょう。

    禁煙がベストですが、吸殻の後始末は「水に漬ける」が一番です。

  • ガスの元栓

    ガスの元栓はいつも閉める習慣にしておくと安心です。

    ガス漏れが一定時間経過すると自動的にガスを遮断してくれるガス台なら安心ですが、そうではない場合、外出前には元栓を閉めればいいのですから。

  • やかんは笛タイプ

    火をつけっぱなしにして鍋ややかんを焦がす、というのは主婦なら誰でも1回くらいやったことがあるもの。それくらい、火にかけていることを忘れるのは誰でもやらかす失敗です。

    実家では誰か他の人が気付いてくれますが、一人暮らしではあなたしかいません。

    最悪、周囲に引火等もありえるので、とりあえずやかんは笛タイプが安全。

    調理中は目を離さず、タイマーをかけてうっかりを予防してください。

火災の原因はいろいろですが、暖房器具、タバコ、ガス台には十分注意しましょう。

また入居したら消化器を確認してください。初期消火ができれば小火(ぼや)で済むこともあるのです。

備え付けがなければ自分で用意しましょう。

使いやすそうな小型消火器も購入してみた

誰でもカンタンに使えるタイプの消化器が色々発売もされています。

使い方の確認も忘れずに。

火事を出したらあなたと家族の人生が終わる、それくらいのことですので、防火意識は高めて下さい。